エンターテイメント!!

遊戯王好きのJavaエンジニアのブログ。バーニングソウルを会得する特訓中。

【翻訳+意訳・要約】バックエンド開発はなぜ複雑なのか?

※本記事は、Geminiによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

意訳+要約

バックエンド開発はなぜ複雑なのか?

この記事では、バックエンド開発が複雑である理由について説明されています。複雑さを生み出す要因には、抽象化レイヤー、データ管理とセキュリティ、パフォーマンスの最適化、適切なテクノロジースタックの選択などがあります [2-5]。バックエンド開発者は、未知の要因や絶えず変化する状況にも対処する必要があります。しかし、記事はバックエンド開発はやりがいのあるキャリアパスであると結論付けています。

特に重要な部分

  • 抽象化レイヤー:バックエンド開発者は、データベース、ネットワーク、オペレーティング システムなどの抽象化レイヤーを理解する必要があります [2]。
  • データ管理とセキュリティ:バックエンド開発者は、機密データの保護と整合性を確保する必要があります [3]。
  • パフォーマンスの最適化:バックエンド開発者は、アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティを最適化する必要があります [4]。
  • 適切なテクノロジースタックの選択:バックエンド開発者は、プロジェクトのニーズに合った適切なテクノロジースタックを選択する必要があります [5]。
  • 未知の要因への対処:バックエンド開発者は、予期せぬ問題や変更に迅速に対応できる必要があります。
  • 絶えず変化する状況への適応:バックエンド開発者は、新しいテクノロジーやトレンドを常に学び続ける必要があります。

まとめ

バックエンド開発は複雑な作業ですが、やりがいのあるキャリアパスでもあります。この記事は、バックエンド開発の複雑さを理解し、克服するためのヒントを提供しています。

GeminiへのQA

Q:フロントエンドとの違いは何でしょうか?

バックエンド開発は、主に以下の点で複雑です。

  • 抽象化レイヤー: バックエンド開発者は、データベース、ネットワーク、オペレーティング システムなどの抽象化レイヤーを理解する必要があります。
  • データ管理とセキュリティ: バックエンド開発者は、機密データの保護と整合性を確保する必要があります。
  • パフォーマンスの最適化: バックエンド開発者は、アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティを最適化する必要があります。
  • 適切なテクノロジースタックの選択: バックエンド開発者は、プロジェクトのニーズに合った適切なテクノロジースタックを選択する必要があります。
  • 未知の要因への対処: バックエンド開発者は、予期せぬ問題や変更に迅速に対応できる必要があります。
  • 絶えず変化する状況への適応: バックエンド開発者は、新しいテクノロジーやトレンドを常に学び続ける必要があります。

一方、フロントエンド開発は、主に以下の点に焦点を当てています。

  • ユーザーインターフェースのデザインと開発: フロントエンド開発者は、ユーザーにとって魅力的で使いやすいインターフェースを作成する必要があります。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上: フロントエンド開発者は、ユーザーがアプリケーションを直感的に操作できるようにする必要があります。
  • Webブラウザとデバイスの互換性: フロントエンド開発者は、アプリケーションがさまざまなWebブラウザとデバイスで正しく動作するようにする必要があります。

このように、バックエンド開発は、より高度な技術スキルと幅広い知識を必要とするため、フロントエンド開発よりも複雑であると言えます。

まとめ

バックエンド開発とフロントエンド開発は、それぞれ異なるスキルセットと専門知識を必要とする、密接に関連する分野です。どちらの分野も、Webアプリケーションの開発において不可欠です。

Q:逆に、簡単なところはありますか?

記事によると、バックエンド開発には複雑な側面もありますが、以下のような簡単な側面もあります。

  • 既存のライブラリやフレームワークの利用: バックエンド開発には、様々なタスクを簡素化するためのライブラリやフレームワークが豊富に用意されています。これらのツールを活用することで、開発時間を短縮し、コードの品質を向上させることができます。
  • 明確な要件: バックエンド開発は、フロントエンド開発よりも要件が明確であることが多く、仕様変更のリスクが低い傾向があります。これは、開発プロセスをより予測可能にし、管理しやすくします。
  • 論理的な思考: バックエンド開発は、論理的な思考力と問題解決能力が求められる仕事です。これらのスキルは、他の分野でも役立つため、キャリアパスとしても魅力的です。
  • やりがい: バックエンド開発は、複雑なシステムを構築し、それを機能させるというやりがいのある仕事です。自分の開発したシステムが、多くの人々に利用されているのを見ると、大きな達成感を得ることができます。

もちろん、バックエンド開発にも難しい部分はありますが、上記のような簡単な側面も存在します。これらの点を理解することで、バックエンド開発をより楽しく、やりがいのあるものにすることができます。

上記以外にも、バックエンド開発を始めるにあたって役立つ情報源をいくつか紹介します。

感想+雑記

俺は、バックエンドもフロントエンドも、両方難しいと思うけどな。
どっちもやっているが、主戦場はバックエンドなので、バックエンドに目がいきがち。
だけど、デザインとかアニメーション、API連携とかにこだわりだすと、かなり面倒なんだよな、フロントエンド。
デプロイも群雄割拠感があるから、混迷している印象がある。

バックエンドに限らず、開発には全体に言えることだと思っている。
特に、環境の変化が激しいのは、両方に言える。

関心事の違いが、沿う感じてる要因かなと思わなくもない。

【翻訳+意訳・要約】ジュニア・エンジニアとして頭角を現す より早く成長するために、より遅く働く

※本記事は、ChatGPTによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

Standout as a Junior Engineer: Work slower to grow faster - DEV Community

意訳+要約

ジュニア・エンジニアとして頭角を現す より早く成長するために、より遅く働く

「ジュニアエンジニアとして目立つためには、ゆっくり仕事を進めて成長する」この記事では、ジュニアエンジニアが成長し、他の人と区別される方法について議論されています。以下は記事の要点です。

  • スピードよりも品質: ジュニアエンジニアは完璧を目指すよりも、スピードを重視する傾向がありますが、それよりも品質を重視し、時間をかけて仕事をすることが重要です。
  • インプットを増やす: 成長するためには、多くのインプットが必要です。コードを書くだけでなく、他のエンジニアのコードを読み、学び、プロジェクトに関わるさまざまな側面を理解することが大切です。
  • アウトプットを増やす: 成長するためには、単に学んだことを消化するだけでなく、実際にアウトプットすることが必要です。自分の考えをブログやオープンソースプロジェクトで共有し、他の人とコミュニケーションを取ることが大切です。
  • 育成環境を求める: 成長するためには、自分を育ててくれる環境が必要です。メンターや良いチーム、学習の機会を提供してくれる企業を選ぶことが重要です。
  • 自己成長のプロセスを楽しむ: 成長するためには焦らず、プロセスを楽しむことが大切です。失敗から学び、挑戦し続けることで成長できます。

ジュニアエンジニアとして目立ち、成長するためには、品質を重視し、多くのインプットとアウトプットを行い、育成環境を求め、プロセスを楽しむことが大切です。

ChatGPTへのQA

Q:環境依存要因が多い気がしますが、自分の行動で頭角をあらわすのは無理なのでしょうか?

環境や組織の影響は確かに大きいですが、自分の行動や努力によって頭角をあらわすことは十分可能です。以下にその理由をいくつか挙げます:

  1. 自己成長: 環境がどうであれ、自分のスキルや能力を向上させることは可能です。自己学習やプロジェクトへの積極的な参加、新しい技術やツールの習得など、自分の成長に注力することで他者に差をつけることができます。

  2. プロアクティブな態度: 積極的にチャンスを探し、問題を解決する姿勢は重要です。自分から行動を起こし、プロジェクトに積極的に貢献することで、他の人に自分の価値を示すことができます。

  3. コミュニケーションスキル: 適切なコミュニケーションは、自己表現や他者との関係構築において重要です。適切なタイミングで適切な情報を共有し、他の人との良好な関係を築くことで、自分の存在感を高めることができます。

  4. リーダーシップ: 環境がどうであれ、自分の考えやアイデアを積極的に提案し、他の人をリードすることは可能です。リーダーシップの機会を探し、チームやプロジェクトの成功に向けて尽力することで、他者に自分の価値を示すことができます。

したがって、環境の影響を受けながらも、自分の行動や努力によって頭角をあらわすことは十分に可能です。自己成長に注力し、プロアクティブな態度を持ち、コミュニケーションスキルやリーダーシップを発揮することで、他者に自分の存在感や価値を示すことができます。

Q:インプットとアウトプットを増やすにはどうすればいいでしょうか?

インプットとアウトプットを増やすためには、計画的かつ戦略的に取り組むことが重要です。以下に具体的な方法をいくつか紹介します。

インプットを増やす方法

  1. 読書とリサーチ:

    • 技術書: 専門分野の技術書や最新の技術に関する書籍を読む。
    • オンラインリソース: ブログ、技術記事、ドキュメントを読む。例えば、Medium、Dev.to、Hackernoonなど。
    • 研究論文: アカデミックな論文やホワイトペーパーを読むことで、最新の研究動向を知る。
  2. オンラインコース:

  3. コミュニティ参加:

    • ミートアップ: テックミートアップやカンファレンスに参加して最新の情報を得る。
    • オンラインフォーラム: Stack Overflow、Redditの技術系サブレディット、GitHubディスカッションなどで他のエンジニアと交流する。
  4. コードレビュー:

アウトプットを増やす方法

  1. プロジェクトを作る:

  2. ブログを書く:

  3. プレゼンテーション:

    • 社内発表: 社内の勉強会で自分の学んだことやプロジェクトについて発表する。
    • カンファレンス: 技術カンファレンスで発表することに挑戦する。
  4. コード共有:

  5. ペアプログラミング:

    • 同僚と: 同僚や他のエンジニアとペアプログラミングを行い、協力して問題を解決する。
    • オンラインプラットフォーム: Repl.itやCodePenなどのプラットフォームで他の開発者と協力する。

継続とバランス

  • 目標設定: 明確な学習とアウトプットの目標を設定し、定期的に進捗を確認する。
  • タイムマネジメント: 効果的な時間管理を行い、インプットとアウトプットのバランスを保つ。
  • フィードバック: 他の人からのフィードバックを積極的に受け入れ、改善に役立てる。

これらの方法を実践することで、インプットとアウトプットの両方を効果的に増やし、エンジニアとしての成長を促進できます。

Q:自己成長のプロセスを楽しむには、どうすればいいでしょうか?

自己成長のプロセスを楽しむためには、以下のようなアプローチが有効です。

1. 小さな目標を設定する

  • 具体的で達成可能な目標: 小さなステップに分けた具体的な目標を設定することで、進捗を実感しやすくなります。例えば、新しい技術を学ぶ場合、一日一つのトピックに集中するなど。
  • 進捗の可視化: タスク管理ツールや日記を使って進捗を記録し、達成感を味わえるようにする。

2. 学びをシェアする

  • ブログやSNSで共有: 学んだことをブログやSNSで発信することで、他の人と共有し、フィードバックをもらう。
  • 勉強会やミートアップに参加: 自分の知識や経験を他の人とシェアすることで、新たな視点やアイデアを得る。

3. フィードバックを受け入れる

  • ポジティブなフィードバック: 成長過程で得られるポジティブなフィードバックを受け入れ、自信を持つ。
  • 建設的なフィードバック: 改善点についてのフィードバックを前向きに受け入れ、自分の成長の糧とする。

4. 楽しみながら学ぶ

  • ゲーミフィケーション: 学習をゲーム化することで、楽しみながら成長できます。例えば、プログラミングチャレンジサイト(LeetCode、HackerRankなど)を利用する。
  • 興味を追求する: 自分の興味や好奇心を満たすプロジェクトやトピックに取り組む。

5. メンターや仲間を見つける

  • メンターを探す: 自分の成長をサポートしてくれるメンターを見つける。メンターからのアドバイスやサポートは、成長を加速させます。
  • 学習仲間を見つける: 同じ目標を持つ仲間と一緒に学ぶことで、モチベーションを維持しやすくなります。

6. 振り返りと感謝

  • 定期的な振り返り: 定期的に自分の成長を振り返り、達成したことを確認する。これにより、自分の進歩を実感しやすくなります。
  • 感謝の気持ちを持つ: 成長の過程でサポートしてくれる人々や、自分が得た機会に感謝の気持ちを持つ。

7. 自分を甘やかす

  • 休息とリフレッシュ: 頑張った後には十分な休息を取り、リフレッシュすることが大切です。これにより、次の学習へのモチベーションが維持されます。
  • リワードシステム: 小さな目標を達成した際に自分にご褒美を与えることで、モチベーションを高める。

8. 成功体験を増やす

  • 小さな成功体験を積み重ねる: 小さな成功体験を積み重ねることで、自信をつける。これがモチベーションとなり、さらなる成長を促します。
  • チャレンジングな目標を設定する: 適度にチャレンジングな目標を設定し、達成することで、自己成長の喜びを感じる。

これらの方法を実践することで、自己成長のプロセスを楽しみながら、継続的に成長し続けることができるでしょう。

感想+雑記

無理して頭角を表さなくてもいいんでないの?って思ってしまうのだが、俺がおかしいのか?
環境要因は、どうしようもないから、そこまで求めないようにしてる。
自分でコントロールできる環境なら、どうにかしたい。
インプット・アウトプットは、平時からすでにやってるものばかりだな。本当にこれ以上増やせないのかは気になっている。
インプットは、結構多い。要約記事を出してるけど、それの倍以上は、いろんな記事見てる。
アウトプットは、AI出てきたおかげで、多少楽をさせてもらってる。
監修はしていて、全部お任せ状態ではない。
問題は、楽しくやることだよなぁ。。。
メンターや仲間を見つけるの、ハードル高すぎないか?
あと、フィードバックを受け入れるって言っても、俺にフィードバックをくれるのは、AIか無機質なサービスのチェック結果だからなぁ。。。
人とか関わることがそんなにない。

やり取りしてて思ったけど、俺に足りないのは、アクシズ教の教えではなかろうか?
肩肘張った生き方じゃなくて、気ままな生き方では?って感じた。
とりあえず、教典張っとこ

アクシズ教 (あくしずきょう)とは【ピクシブ百科事典】

  • アクシズ教徒はやればできる。できる子たちなのだから、うまく行かなくてもそれはあなたのせいじゃない。上手くいかないのは世間が悪い。
  • 自分を抑えて真面目に生きても頑張らないまま生きても明日は何が起こるか分からない。なら、分からない明日の事よりも確かな今を楽に行きなさい。
  • 汝、何かの事で悩むなら、今を楽しく生きなさい。楽な方へ流されなさい。水のように流されなさい。自分を抑えず、本能のおもむくままに進みなさい。
  • 嫌な事からは逃げればいい。逃げるのは負けじゃない。逃げるが勝ちという言葉があるのだから。
  • 迷った末に出した答えはどちらを選んでも後悔するもの。どうせ後悔するのなら、今が楽ちんな方を選びなさい。
  • 悪人に人権があるのならニートにだって人権はある。汝、ニートである事を恥じるなかれ。働かなくても生きていけるならそれに越した事はないのだから。
  • 汝、我慢をする事なかれ。飲みたい気分の時に飲み、食べたい気分の時に食べるがよい。明日もそれが食べられるとは限らないのだから。
  • 汝、老後を恐れるなかれ。未来のあなたが笑っているか、それは神ですら分からない。なら、今だけでも笑いなさい。
  • エリスの胸はパッド入り。

【翻訳+意訳・要約】ソフトウェアエンジニアは勝利よりも失敗から多くを学ぶ: ある視点

※本記事は、ChatGPTによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

意訳+要約

ソフトウェアエンジニアは勝利よりも失敗から多くを学ぶ: ある視点

ブログでは、ソフトウェアエンジニアが失敗から多くを学ぶ理由を強調しています。成功は確かに達成感を与えますが、失敗は成長と革新を促す貴重な教訓を提供します。

重要なポイント

  • 弱点の露呈: 失敗はコードや開発プロセスの隠れた弱点を明らかにします。
  • 問題解決能力の向上: 失敗を分析し解決する過程で、エンジニアの批判的思考と問題解決能力が磨かれます。
  • 革新の促進: 失敗は新しい技術や方法を探求するきっかけとなり、革新を推進します。
  • レジリエンスと適応力の向上: 失敗に対処することで、エンジニアは逆境に対する耐性と適応力を身につけます。
  • システム理解の深化: 失敗を通じて、システムや技術に対する深い理解が得られます。
  • 協力とコミュニケーションの向上: 失敗を解決するためにはチームの協力が必要であり、コミュニケーションスキルが向上します。
  • 継続的改善の文化の構築: 失敗を学びの機会とすることで、エンジニアが恐れずにリスクを取り革新する文化が育まれます。

失敗を成長の機会と捉えることが、ソフトウェアエンジニアにとって継続的な学習と進歩を促す鍵となります。

ChatGPTへのQA

Q:他に失敗から得られるものはありますか?

ブログでは、以下の追加の利点も強調されています。

  • リーダーシップの育成: 失敗を通じてリーダーシップが鍛えられ、問題を解決しチームを導く能力が向上します。
  • リスク管理能力: 失敗を経験することで、リスクを予測し、管理するスキルが向上します。
  • 個人の成長: 失敗からの教訓を活かすことで、自己成長と自信が培われます。

失敗はエンジニアをより強く、より賢くし、持続的な成功に導く鍵となります。

Q:失敗を前向きに捉えても、ただのバカになったりしないでしょうか?

失敗を前向きに捉えることは、ただの楽観主義とは異なります。重要なのは、失敗から具体的な教訓を学び、次に活かすことです。以下のポイントを押さえると、建設的なアプローチを保ちつつ、学習を深めることができます。

実践方法

  • 失敗の原因を分析: 感情に流されず、冷静に原因を特定する。
  • 具体的な改善策を立てる: どうすれば次は成功するか、具体的な計画を立てる。
  • フィードバックを求める: 周囲の意見を取り入れ、多角的な視点から改善点を見つける。
  • 小さな実験を繰り返す: リスクを管理しつつ、徐々に改善を図る。

これにより、失敗は無意味ではなく、成長のステップとなります。

Q:そうはいっても、人間、誰しも失敗はしたくない気がします

確かに失敗は避けたいものですが、失敗を完全に避けることは現実的ではありません。失敗を恐れるのではなく、それを受け入れて活かす方法を学ぶことが重要です。以下のポイントを参考にしてください。

失敗をポジティブに捉えるための心構え

  • 成長の一環と認識する: 失敗を通じて新しいスキルや知識を獲得する機会と捉える。
  • 完璧主義を手放す: 完璧であることを目指すより、継続的な改善を重視する。
  • 失敗を共有する: チーム内で失敗談を共有し、共同で学び合う文化を育む。
  • 小さな挑戦を積み重ねる: 大きな失敗を避けるために、小さな実験や挑戦を繰り返す。

実際の対策

  • 反省と計画: 失敗を分析し、具体的な改善計画を立てる。
  • メンタルケア: ストレス管理やサポートネットワークを活用して、心の健康を維持する。
  • ポジティブフィードバック: 自己評価だけでなく、周囲からの建設的なフィードバックを求める。

失敗を恐れず、学びの機会として前向きに取り組むことで、エンジニアとしての成長を続けることができます。

感想+雑記

まぁ、失敗はしたくないよね。。。
メンタル面が削れてしまう。

失敗から何か学ぶというマインドセットは、貧乏人根性に似てると思った。
失敗をただの失敗と捉えるか、失敗から意地でも何か学ぶかは、損をしたくないっていう考えに近いものを感じる。
投資にも近いものも感じる。
短期的に失敗は許容しがたいが、長期的に視ると、失敗は必要かもしれない。

失敗との付き合い方を学ばないといけないのかも知れない。
ユーモアセンスが欲しい。

ジョジョにも失敗に関して、なんかあったような。。。
たしか、挑戦しないやつこそ真の失敗みたいなことを言っていた気がする。
スピーディボールランだったかな?たしか。
今思うと、結構グサッとくる。

【翻訳+意訳・要約】Javaにおけるテストの最新ベストプラクティス

※本記事は、ChatGPTによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

Modern Best Practices for Testing in Java

意訳+要約

Javaにおけるテストの最新ベストプラクティス

重要なポイント

詳細な説明

フィリップ・ハウアーは、Javaアプリケーションのテストにおけるモダンなベストプラクティスを以下のように述べています。

  1. 単体テスト (Unit Tests):

    • 依存関係をモックして、各コンポーネントの動作を個別に検証します。JUnitとMockitoの組み合わせが一般的です。
  2. 統合テスト (Integration Tests):

    • アプリケーションの複数の部分が一緒に正しく動作することを確認します。Spring Testを使用して、実際のアプリケーションコンテキストを立ち上げてテストします。
  3. エンドツーエンドテスト (E2E Tests):

    • システム全体をユーザーの視点でテストし、全体の流れが期待通りであることを確認します。
  4. UIテスト (UI Tests):

これらのテスト手法とツールを活用することで、開発者は高品質で信頼性の高いソフトウェアを効率的に開発できるようになります。

ChatGPTへのQA

Q:統合テストの自動化は、モックがやりにくく環境を用意するハードルが高いように感じますが、実際はどうなのでしょうか?

統合テストの自動化は確かにモックが難しい部分や環境の準備が必要なためハードルが高いと感じることがありますが、適切なツールと戦略を用いることでその難しさを軽減することができます。以下に、統合テストの自動化についての実際の状況と対策をまとめます。

統合テストの課題

  1. 環境のセットアップ:

    • 統合テストでは複数のコンポーネントや外部サービスを連携させる必要があるため、環境のセットアップが複雑になります。
  2. モックの難しさ:

    • 統合テストでは実際のサービス間の連携をテストするため、モックを使わずに実際のデータベースやAPIを使用する場合が多いです。そのため、モックが難しいと感じることがあります。

解決策

  1. コンテナ技術の活用:

    • DockerTestcontainersを使用することで、テスト環境のセットアップを自動化し、簡素化できます。これにより、必要なサービスをコンテナとして起動し、統合テスト中に使用することができます​ (Hackernoon)​。
  2. テストデータの管理:

    • 統合テストでは、テストデータの整合性が重要です。LiquibaseFlywayなどのデータベースマイグレーションツールを使用して、テストデータの初期化や管理を自動化することができます。
  3. フレームワークの利用:

    • Spring Bootを使用した統合テストでは、@SpringBootTestアノテーションを使用することで、アプリケーションコンテキストを簡単に立ち上げることができます。また、MockMvcを使ってWebレイヤーのテストを行うこともできます​ (ModernizeJava.com)​。
  4. 継続的インテグレーション (CI):

    • JenkinsGitHub ActionsなどのCIツールを利用して、統合テストを継続的に実行することで、早期に問題を発見しやすくなります。これにより、手動で環境を設定する手間が省けます​ (Hackernoon)​​ (ModernizeJava.com)​。

実際の適用例

  • SpotifyNetflixなどの企業では、統合テストの自動化に成功しています。Spotifyは、テスト駆動開発(TDD)を採用し、統合テストを含む全てのテストを自動化しています​ (ModernizeJava.com)​。
  • Netflixは、マイクロサービスアーキテクチャのための統合テストを行う際に、スケーラビリティや信頼性の向上を目的として、自動化ツールとカスタムテストインフラを使用しています​ (ModernizeJava.com)​。

結論

統合テストの自動化は確かに難易度が高い面がありますが、適切なツールと手法を活用することでそのハードルを大幅に下げることができます。特にコンテナ技術やCIツールの利用は、効率的なテスト環境のセットアップと管理に非常に有効です。

Q:JUnit5について、JUnit4から何が変わったのでしょうか?

JUnit5はJUnit4から大きく進化し、さまざまな新機能と改善が導入されています。以下は、JUnit4からJUnit5への主要な変更点と新機能をまとめたものです。

主要な変更点と新機能

  1. モジュール構造の変更:

    • JUnit4は単一のjarファイルでしたが、JUnit5は三つのサブプロジェクトに分かれています:
      • JUnit Platform: テストフレームワークの実行基盤。
      • JUnit Jupiter: 新しいプログラミングモデルと拡張モデルを提供。
      • JUnit Vintage: JUnit4やJUnit3のテストを実行するための互換性レイヤー​ (Hackernoon)​。
  2. 新しいアノテーション:

    • @Testの他に、新たなアノテーションが追加されました:
      • @BeforeEach@AfterEach: それぞれのテストメソッドの前後に実行されるコードを定義。
      • @BeforeAll@AfterAll: 全テストの前後に一度だけ実行されるコードを定義。
      • @Nested: ネストされたテストクラスをサポートし、テストの構造化を促進​ (Hackernoon)​​ (ModernizeJava.com)​。
  3. 拡張モデル:

    • JUnit5は拡張性を向上させるための新しい拡張モデルを提供します。Extension APIを使用して、テストのライフサイクルや条件付きテストの実行などをカスタマイズできます。
    • 例えば、@ExtendWithアノテーションを使って、カスタムエクステンションをテストクラスやテストメソッドに適用できます​ (ModernizeJava.com)​。
  4. ダイナミックテスト:

    • JUnit4では静的なテストケースのみがサポートされていましたが、JUnit5では@TestFactoryを使って動的テストを作成できます。これにより、実行時にテストケースを動的に生成することが可能です​ (ModernizeJava.com)​。
  5. 条件付きテスト実行:

    • @EnabledOnOs@DisabledOnOs@EnabledIf@DisabledIfなどのアノテーションを使用して、特定の条件下でのみテストを実行することができます。これにより、環境や設定に依存したテストの制御が容易になります​ (Hackernoon)​。
  6. 改善されたアサーション:

    • JUnit5では、新しいアサーションメソッドが追加され、柔軟性が向上しました。例えば、assertThrowsassertAllを使用して、複数のアサーションをまとめて実行することができます​ (Hackernoon)​。
  7. 統合とツールサポート:

結論

JUnit5は、よりモダンで拡張性のあるテストフレームワークとして設計されており、JUnit4からの大幅な改良と新機能が追加されています。新しいアノテーション、拡張モデル、動的テストのサポート、条件付きテストの実行など、テストの柔軟性と効率性が向上しています。JUnit4からJUnit5への移行を検討している場合、これらの新機能を活用することで、より効果的なテストが可能になります。

感想+雑記

いろいろ環境が変わってきているわけか。。。
自動テストだと、統合テストも自動化の流れが来ていて、そのためにDockerとかの仮想コンテナが利用されているわけね。テスト用のコンテナを作って、そこにだけテスト用のデータが突っ込んであるものを利用する形だろうな。

Junit5は、要約であまり語られてないけど、原文は、結構ためになった。
パラメータ化テストは、まさによくやることだよなぁと思った。
@DisplayNameも、メソッド名に長い名称つけるのを回避できるので、積極的に使うべきだと感じた。
今の個人開発でJUnit5使っているんだけど、JUnit4と同じ記述しているから、使ってるメリットがあんまりないんだよなぁ。。。
JUnit5が思ってたより進化してたのを知れたので、積極的に新機能は使っていきたい。

【翻訳+意訳・要約】コードレビューの力:ジュニアデベロッパーの視点から

※本記事は、ChatGPTによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

The Power of Code Reviews: A Junior Developer’s Perspective - DEV Community

意訳+要約

コードレビューの力:ジュニアデベロッパーの視点から

  • コードレビューは、開発プロセスにおいて重要な役割を果たす。
  • ジュニアデベロッパーにとって、コードレビューは成長と学びの機会である。
  • コードレビューを通じて、コードの品質を向上させることができる。
  • コードレビューを受けることで、自分のコードに対する新たな視点を得ることができる。
  • コードレビューは、エンジニアリングチーム全体のコラボレーションを促進する。
  • コードレビューは、バグの発見やセキュリティの向上にも役立つ。
  • ジュニアデベロッパーがコードレビューを受ける際には、フィードバックを受け入れる姿勢が重要である。
  • コードレビューは、ジュニアデベロッパーが自信を持って成長できる環境を提供する。
  • コードレビューは、エンジニアリングチームの文化を形成し、知識共有を促進する。

ジュニアデベロッパーにとっては、コードレビューが成長と学びの機会であり、エンジニアリングチームにとっても重要なプロセスであることがわかる。コードレビューは、技術的な側面だけでなく、チーム全体の成長と文化形成にも貢献している。

ChatGPTへのQA

Q:コードレビューは、レビューイの能力に依存しないですか?

コードレビューにおいて、レビューイ(コードをレビューする人)の能力は重要な要素ですが、それだけではありません。以下に、コードレビューにおいて重要なポイントを挙げます。

  1. プロセスとガイドライン: コードレビューには、明確なプロセスとガイドラインが必要です。これにより、どのような点をレビューすべきかが明確になります。

  2. チームの文化: チームの文化も重要です。コードレビューはお互いの成長と学びを促進するためのプロセスであり、その文化が育まれているかどうかが大きな影響を与えます。

  3. 教育とフィードバック: コードレビューは、レビューイがフィードバックを提供し、レビューされる側がそれを受け入れるプロセスです。適切な教育と建設的なフィードバックがあれば、レビューイの能力にかかわらず、双方が成長できます。

  4. チーム全体の責任: コードレビューは、チーム全体の責任です。レビューイだけでなく、コードを提出する人も責任を持ち、フィードバックを受け入れる姿勢が求められます。

したがって、コードレビューの成功には、レビューイの能力だけでなく、プロセス、文化、教育、フィードバック、チーム全体の責任など、さまざまな要素が組み合わさっています。

Q:レビューイの能力を上げるには、どうしたらいいでしょうか?

レビューイの能力を向上させるためには、以下の方法が役立ちます。

  1. レーニングと教育: レビューイに対して、適切なトレーニングと教育を提供します。コードレビューのベストプラクティスや効果的なフィードバックの提供方法などを学び、実践する機会を提供します。

  2. 経験の積み重ね: レビューイが実際にコードレビューを行うことで経験を積み重ねることが重要です。継続的にレビューを行うことで、パターンやベストプラクティスを身に付けることができます。

  3. フィードバックのフィードバック: レビューイがフィードバックを提供する際に、そのフィードバック自体もレビューされるべきです。他のチームメンバーや上級の開発者からのフィードバックを受けて、自身のフィードバックの質を向上させることが重要です。

  4. 自己評価と振り返り: レビューイは自己評価を行い、定期的に振り返りを行うことで成長を促進します。過去のレビューの結果を振り返り、どのような点がうまくいったか、どのように改善できるかを考えることが重要です。

  5. フィードバックの受け入れと成長: レビューイはフィードバックを受け入れる姿勢を持ち、それを成長の機会と捉えることが重要です。他のメンバーからのフィードバックを真摯に受け止め、改善に取り組むことで、自身の能力を向上させることができます。

これらの方法を組み合わせることで、レビューイの能力を上げることができます。

Q:コードレビューのベストプラクティスには何がありますか?

コードレビューのベストプラクティスには、以下のようなポイントが含まれます。

  1. 明確なガイドラインの設定: コードレビューのための明確なガイドラインを設定し、全てのメンバーがそれに従うようにします。これには、コーディングスタイル、エラーハンドリング、命名規則などが含まれます。

  2. 目的の明確化: レビューの目的を明確にします。バグの発見、コード品質の向上、知識共有など、目的を明確にすることで、レビューの効果を高めることができます。

  3. 適切な規模と頻度: レビューの規模と頻度を適切に設定します。長すぎるレビューは効果が薄れる場合がありますので、適度な規模で頻繁に行うことが望ましいです。

  4. 建設的なフィードバックの提供: レビューイは、建設的なフィードバックを提供することが重要です。問題点だけでなく、改善案や肯定的なコメントも含めることで、コードの品質向上に寄与します。

  5. 相互学習と知識共有: レビューを通じて、メンバー同士が相互に学び合い、知識を共有する機会として活用します。新しい技術やベストプラクティスの共有が、チーム全体の成長につながります。

  6. フィードバックの追跡と改善: レビューの結果や提供されたフィードバックを追跡し、定期的に振り返りを行い改善点を見つけます。過去のレビューから学び、プロセスを改善していくことが重要です。

これらのベストプラクティスを実践することで、効果的なコードレビューを実現することができます。

感想+雑記

レビューイとして活動することが多くなったけど、指摘が正しいのか、不安になることあるよなぁ。。。
指摘した箇所をゴリ押しで跳ね返されて、放置してたら、案の定、後続のテストでバグになったのを見ると、やっぱり俺が正しかったんだってなったことがあった。
経験則ってのは、侮れないと思うんだけど、目に見えないから信用して良いのか不安になるんだよなぁ。

レビューイとして成長するためには、指摘事項がどうなったのか、トレースすることが必要なのかも知れない。
あとは、自分の経験則を信じることも重要なのかも知れない。

最近見た気になったニュース 2024/06/03週

気になったニュース

電通テレビ朝日などとメタバースマーケティング活用を深める共同出資事業を開始

電通がテレビ朝日などとメタバースのマーケティング活用を深める共同出資事業を開始(Web担当者Forum) - Yahoo!ニュース

所感・感想

タイトル見た瞬間、「あ。。。」ってなったよね。。
メタバースで成功した企業はないというのに。
Meta社でも無理だったのに、成功できるのか?って思ってしまう。

ブラックリストに掲載された中国企業、取り締まりをかわすためアメリカ企業にブランド変更

要点

中国企業は、米国の制裁や規制を回避するために、アメリカ企業として再ブランド化し、事業活動を続ける方法を選んでいます。これに対し、米国政府は安全保障上の懸念からこれらの企業を厳しく監視していますが、再ブランド化による法的・規制上の問題への対応が困難であることが課題となっています。
これらの動きは、米中関係の緊張と相まって、今後のビジネス環境に大きな影響を与える可能性があります。

Blacklisted Chinese Companies Rebrand as American To Dodge Crackdown - Slashdot

所感・感想

いや、ブランド変更しても無理でしょ。。。
危険視されているのは、中国の法律であって、「監視しません」と言っても国家情報法がある限り、規制がかかる。
リブランドしても後追いですぐ法規制が入りそうな気がする。

ChatGPTのような "大々的に宣伝されている "AI製品を使っている人はほとんどいないことが調査で判明

要点

生成系AIツールは広く認知されているものの、日常的に使用されているケースは少なく、使用頻度も低いです。特に若年層での使用が目立ち、情報収集やメディア作成のために試行的に使用されることが多いです。今後の社会への影響については期待と懸念が交錯しており、技術の進展とともにその動向が注目されます。

所感・感想

個人的には、多用しているから実感ないけど、普通の人は、そんなでもないのか。。。
ただ、調査したのが日本ではないから、日本で調査すると変わるかもな。

NvidiaはAIチップ市場を支配しているが、競争はかつてないほど激化している

要点

NVIDIAの現在の市場支配は非常に強固ですが、AIチップ市場は急速に成長しており、今後さらに多くの競争相手が登場する可能性があります。特にサプライチェーン脆弱性地政学的リスクに対応するため、企業は戦略を再考する必要があります。
これらの要因を総合すると、NVIDIAが引き続きリーダーであり続けるためには、技術革新とエコシステムの強化を継続しつつ、新たな競争相手との競争に対応していく必要があります。

所感・感想

NVIDIAどこまで延びるんだろうな?
結構、今の市場は独占的になっているけど、優位性の確保がずっと続くとは思えないんだよなぁ。。
競争相手次第なところはある。

Java採用企業はどう使用しているのか--New Relicがオブザーバビリティから分析

Java採用企業はどう使用しているのか--New Relicがオブザーバビリティから分析(ZDNET Japan) - Yahoo!ニュース

要点

  • 最新のJavaバージョンはJava 22だが、最も広く使用されているLTSバージョンはJava 17
  • Oracle JDKの使用率が低下し、コミュニティベースの代替品が台頭
  • Java 11以降、ガベージコレクションがほとんどのユーザーにとってデフォルト
  • 企業は以前よりも多くのコアとメモリを使用
  • Log4jは最も人気のあるロギングフレームワークだが、SLF4jも柔軟性で広く使用
  • 40%以上のアプリケーションで暗号化ライブラリが使用され、Bouncy Castleが最も人気
  • Oracle Databaseが最も人気のあるデータベースだが、PostgreSQLMySQLも一般的

所感・感想

バージョンアップの意識は、昔より高まった気がする。
バージョンアップ事例とかたまに聞くから、それも後押ししているのかも知れない。
もしくは、LTSの概念があり、定期的なリリースがされているから、どこで移行するのか決めやすいのかもな。決定下す立場ではないので、妄想しているが、そんなところだとは思ってる。

データベースでOracleが多いのは、移行が難しいからな気がする。
情報もたくさんあるのもメリットだな。
ただ、PLSQLだけは正直触りたくない。トレースしにくくて、無茶苦茶苦痛。
PLSQLは、Javaに代価したほうが、いいのでは?って思ってる。

AI音楽ジェネレーターを使って憎悪に満ちた曲を作る人々

People are using AI music generators to create hateful songs | TechCrunch

要点

AI技術の進化により、音楽ジェネレーターが登場し、誰でも簡単に音楽を作成できるようになりました。しかし、一部のユーザーがこの技術を悪用し、憎悪的な内容を含む曲を生成しています。
AI技術は音楽の創作や楽しみ方に革命をもたらす可能性がありますが、その利用には責任が伴います。 技術の発展と共に、倫理的な問題への対応も進めることが重要です。

所感・感想

そんなに悪いことかな?
そんなこと言ったら、ラップとか認めないってことになるが。
本来、ラップはリスペクトを歌うもんじゃなくて、社会批判とかだったはず。

まぁ、倫理観の問題だから、これをAIの問題にするのは、筋違いな気がしてる。

テント村を即決できなかった日本の行政

テント村を即決できなかった日本の行政 直球&曲球 野口健 - 産経ニュース

要点

本記事では、災害時のテント村の重要性と、日本における迅速なテント村設置の課題について論じられています。著者は、日本は災害発生後に迅速なテント村設置に備えるべきだと主張し、イタリアの災害発生後数日以内にテント村を建設することを義務付ける法律と比較しています。

所感・感想

自分の意見だけ言って、テント村の問題点を全然あげてこないのに疑問を感じるのだが。。。
イタリアを例に上げているが、そもそも日本とイタリアとじゃ、環境や設備が違うだろ。。。
こういうのを「ではの神」って言うんだっけ?
海外がやってるからは、理由にならないし、問題点とそれに対する課題を列挙してくれないと、判断できんよね?

テント村で一番ヤバそうなのは、衛生管理だろうな。避難してパンデミック起こしましたじゃ洒落にならない。
あと、下手したら長期滞在する人も出てくるかもしれん。一時的な場所としてはありだが、長期滞在されると困る気がする。あとは、治安とかかな?
これ立てるなら、仮設住宅を早く置けば?の堂々巡りになりそうな気もする。

自分の意見だけを押し付けてくるのに対抗するために、忌憚のない意見がないかchatGPTとかGeminiに聞くようにしてる。
大体反論意見を上げてくれるから、物事を俯瞰して判断できるようになる。こういう点は、AI出てきて良かったなと思ってる。

Visual Studio Code」がエディタータブの複数選択などに対応 ~2024年5月更新が公開

「Visual Studio Code」がエディタータブの複数選択などに対応 ~2024年5月更新が公開(窓の杜) - Yahoo!ニュース

要点

Visual Studio Code」v1.90.0では、[Ctrl]キーを押しながらタブをクリックすることで、エディタータブを複数選択できるようになった。
この機能は、複数のエディターに対し一度にアクションを適用したい場合に有用。

所感・感想

VisualStudioCodeは使っているけど、必要なタイミングが分からん。。。
使いこなしているユーザは、便利な機能なのだろうか?
使ってみないと分からんな。

便利な使い方、教えて偉い人。

Javaサービスの90%が重大な脆弱性を抱えている――Datadog調査

Javaサービスの90%が重大な脆弱性を抱えている――Datadog調査 - クラウド Watch

要点

Datadog が実施した調査によると、Java サービスにおいて特にサードパーティライブラリに起因する脆弱性が多く見られ、クリティカルな脆弱性や高リスクの脆弱性が含まれるサービスの割合は 90% に達しています。
この調査結果から、DevSecOps の重要性が浮き彫りになります。DevSecOps は、開発プロセス全体にセキュリティを組み込むことで、脆弱性の早期発見と修正を可能にします。 Java サービスのようにサードパーティライブラリに依存する割合が高い場合、依存関係ツリー全体を可視化し、OpenSSF Scorecard などのフレームワークを活用してオープンソースライブラリの健全性を評価することが不可欠です。
自動化されたセキュリティスキャナーによる攻撃の大半は無害であることもわかりました。そのため、特定された脆弱性の中で優先する価値があるのはごく一部に限定されます。

所感・感想

つまり釣りタイトルですってこと?
90%超えって言われてみたけど、内容見たらほぼないと言われてて、読み終えてイラッとしちまった。
詳しい調査結果見ないとなんともいえんが、調査したものの大半がJavaだったのではなかろうかって感じてしまうな、この報告内容だと。
報告だけして、エビデンスがないので、鵜呑みは危険かなと感じた。

ただ、ライブラリは使わないプロジェクトの方が珍しいので、使っているライブラリのリスク管理は、ちゃんとすべきだと思った。

【翻訳+意訳・要約】ハイテク業界におけるイベントの重要性

※本記事は、ChatGPTによる意訳+翻訳を活用し、レイアウト調整したものです。
※感想は、オリジナルです。

原文

Importance of events in tech industry - DEV Community

意訳+要約

ハイテク業界におけるイベントの重要性

このブログでは、テック業界におけるイベントの重要性に焦点を当てています。イベントは、技術者や企業が最新のトレンドや情報を共有し、ネットワーキングの機会を提供する重要な場であり、積極的に参加することが成功への鍵とされています。以下は、ブログの要点をまとめた箇条書きです:

  • イベントは学びの場:イベントでは、新しい技術やトレンドに関する講演やワークショップが行われ、参加者は最新の情報を得ることができます。
  • ネットワーキングの機会:イベントは技術者や企業が出会い、交流する場でもあります。新しい人脈を築くことで、ビジネスチャンスや仕事の機会が生まれることもあります。
  • ブランドの露出:イベントへの参加は企業や個人のブランドを広める手段としても重要です。講演や展示を通じて、自己PRを行い、知名度を高めることができます。
  • インスピレーションの源:イベントでは、他の技術者や企業の成功事例を学ぶことができ、自身の仕事やプロジェクトに新たなアイデアやインスピレーションを得ることができます。
  • チームビルディング:チームでイベントに参加することで、チームの結束を高めることができます。共通の学びや体験を通じて、チームワークが向上し、プロジェクトの成果にも良い影響を与えます。

イベントへの積極的な参加は、個人や企業がテック業界で成功を収めるための重要な戦略の一つであり、常に新しい情報や人脈を求めて積極的に動く姿勢が求められます。

ChatGPTへのQA

Q:他の人とつながるのは、ハードルが高くないですか?

イベントやネットワーキングに参加することが、他の人とつながるためのハードルを高く感じさせることがありますが、実際にはそうでもありません。以下に、他の人とつながるハードルを下げるためのいくつかのアプローチを挙げます:

  • 共通の興味や関心を持つイベントに参加する: 同じ興味や関心を持つ人々が集まるイベントに参加することで、自然な流れで他の参加者との交流が生まれやすくなります。
  • 積極的に話しかける: イベントで他の参加者に積極的に話しかけることで、コミュニケーションを促進し、新しいつながりを築くことができます。
  • オンラインネットワーキング: イベントやコミュニティのオンラインプラットフォームを活用して、事前に他の参加者とつながることもできます。これにより、実際のイベントでのコミュニケーションがスムーズになる場合があります。
  • リラックスして接する: 自然な姿勢で他の人と接することが大切です。緊張せずにリラックスしてコミュニケーションを取ることで、相手も心地よく感じるでしょう。

ネットワーキングは、初めは少しハードルが高く感じるかもしれませんが、慣れてくると自然な流れでつながりを築くことができます。自分の興味や目標に合ったイベントやアプローチを見つけて、積極的に参加することで、他の人とのつながりを築くことができます。

Q:そういう場を利用しようとする悪い人がいたりしないでしょうか?

イベントやネットワーキングには、悪意を持った人がいる可能性もありますが、適切な対策を取ることでそのリスクを最小限に抑えることができます。以下は、悪意を持った人に対する対策の一部です:

  • 信頼できるイベントやコミュニティに参加する: 安全性や信頼性が確保されているイベントやコミュニティに参加することが重要です。公式なイベントや信頼できる団体が主催するイベントに参加することで、リスクを最小限に抑えることができます。
  • 個人情報の保護: 個人情報を適切に保護し、他の参加者との情報共有には慎重になることが重要です。特に、オンラインネットワーキングの場合は、個人情報の取り扱いについて注意を払う必要があります。
  • 悪意を持った行動に対する警戒心を持つ: 自身の安全を確保するために、不審な行動や不適切な接触に対して警戒心を持つことが重要です。適切な範囲で他の参加者とのコミュニケーションを取り、自身の安全を守ることが大切です。

これらの対策を講じることで、イベントやネットワーキングでのリスクを最小限に抑えることができます。また、自身の感情や安全に不安を感じた場合は、速やかに主催者や関係機関に連絡し、適切な対処を求めることも重要です。

感想+雑記

イベントは、たまに出たりする。
どっちかというと、交流目的というよりは、インスピレーションを受けたり、新しい情報を発見するために行くかな。
人と交流したいとは思わないな。
話しかけられたことは何度かあるが、自分からとなるとハードルが高すぎる。

悪意を持ってるやつは、たまにいる。
たまに、勉強会後の懇親会狙いで来るやつがいるからな。。。
俺が参加している勉強会で見たことはないが、人との交流は、ちょっと警戒しちゃうよね。