読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンターテイメント!!

遊戯王好きのJavaエンジニアのブログ。バーニングソウルを会得する特訓中。

npmにインストールしたものの確認

インストールしたものの確認方法

下記コマンドで確認できる

npm list

もしくは、ailiasが設定されているので、listの箇所は、ls, la, llが使える。
ailiasの確認がしたい場合は、npm list -hとすると下記のような記述がでる。
もちろん、ここのlistも置き換え可能。

npm ls [[<@scope>/]<pkg> ...]

aliases: list, la, ll

多すぎる

npm listで表示したものは、依存関係も含めて表示される。
そのため、インストールしているものが多すぎると、ネストが深くなったりして、確認したい一覧が見えない。
なので、依存関係を見たい場合以外は、下記のコマンドで事足りる。

npm list --depth=0

こうすることで、トップレベルのインストール物を確認できる。

グローバル環境を確認する

今まで紹介してきたものは、全てローカル環境の確認方法。
グローバル環境にインストールしたものではない。
確認したい場合は、ご察しの通り、-gオプションを付ければいい。

npm list -g

もちろん、これにも--depth=0は使える。
やり方が、統一感があるので、覚えやすいはず。