読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンターテイメント!!

遊戯王好きのJavaエンジニアのブログ。バーニングソウルを会得する特訓中。

大企業のシステム開発で思うこと

FW エンターテイメント チーム 生産性

書くに至ったきっかけ

現在、大きな企業でシステム開発を担当しているにあたり、思うことが幾つかあった。
今いる現場ではなく、前にも大企業でシステム開発をした経験はあるが、そこであったことも踏まえて書き連ねていく。

大企業のシステム開発

大企業のシステム開発を何度か経験してきたが、どこも独自のFWを使っている。
そして、開発に携わる人は、かなり多い。
だからこその大企業ではあるが。。。

なぜ過度にFW化したがるのか?

既存のFWでも十分なはずなのに、なぜ独自で作りたがるのか?
いつも疑問に思っていた。
自分が感じているメリット・デメリットは、以下だと思っている。

ベンダ独自FWのメリット

  • 開発効率の向上
    独自の仕様を追加して、開発効率を向上できる(かも?)
  • 独自FWによるユーザの囲い込み
    ある意味、独自FWの最大メリット。
    ロックインすることで、永久に顧客を離さないようにできる。
  • 開発スキルの平坦化
    優秀な開発者もそうじゃない開発者も、スキルの違いをなくし、平坦化する。
    スキルが劣る人から見てのメリットということで。

ベンダ独自FWのデメリット

  • 開発平坦化による優秀なエンジニアの生殺し
    難解な独自仕様を追加することで、標準化から遠のき、多くのことを知っている優秀なエンジニアの能力を阻害する可能性がある。
  • 生産性向上のために汎用性を捨てる
    生産性を向上させることは、何かを捨てている。
    独自FWの怖いところは、それを認知することが難しいこと。
    独自仕様を追加しているがゆえに、汎用性を落としていることに気づかない。
    本当は、慎重に仕様追加すべきで、業務をものすごく詳しく理解していないといけない。
  • アーキチーム?のようなFW専属部隊が必要になる
    独自FWを持つということは、バグフィックスの人が必要になるということ。
    必ず保守要員が必要になってくる。
  • 引用元のバージョンアップに対応できない
    独自仕様で固めているため、大元になっているFWのバージョンアップに対応できない。
    そして、それがセキュリティ関連の対応のバージョンアップだと、致命的!
  • ユーザの要望を独自FW起因で対応不可にしてしまう
    独自仕様であるがゆえに、対応工数増を背景に対応を見送ってしまうケースが発生する。

本当にメリットは少ないのか?

大企業だから、人が多く集まる。
中には面白い奴、自分にはない考え方を持つ奴もいて、一概に大企業が悪とは言えない。
抱えている中にも優秀なエンジニアはいて、話をすると楽しい。

大企業ならではの高額な有料ソフト使えたり、贅沢な開発環境使えたりして、いい経験にはなる。
何も考えないで、言われたことだけしていたらダメだろうけど。

大企業のシステム開発で一番気をつけなければならないこと

人間関係。
これに尽きる。
人間関係をこじらせるのは、一番悪いパターン。
なぜなら、人を集める能力に長けているから、大企業での人間関係悪化は、契約解除に繋がる。
だからと言ってYesマンになることはない。
ちゃんと管理職レベルの人には、話せば伝わる。
喧嘩腰で話さないことが重要。
喧嘩腰で接すれば、相手も喧嘩腰になってしまう。
いい結果は生まないので、絶対にしてはならない。
初めて合う現場の上司でも、人の上に立つ人であることを理解し、それができる人間であることを信頼して接することが大切。

どういった人間が好まれるのか

管理面は大企業の人がやるので、好まれるのは、積極性のある人。
そして、知識を持っている人。
積極性があっても、知識がない人は重宝されない。
その逆も然り。知識があっても、積極性がない人は、邪魔なだけだと思われる。
知識があり、積極性もある人が好まれる。

やっていること

個人的には、知識を取得することに貪欲に行動しているつもり。
積極的にPJ動かそうとはしている。
あとは、大企業で持っているwiki等に、自己PRの文章や、ポエム的なことを書いて、目立つように動いている。
自分は、影の薄い存在で、常時ミスディレクションを発動している。
なので、自分がどういったことに興味を持っているのか、どういったことを感じたのかをみんなの目に着くとこに書いている。
当然、誰かの批判等はしてない。人間関係が命だからね!
自己PRやネタ的な話を書いておくことで、wikiが活性化してくれればという期待も込めてしている。(本当だからね!)

たまにポエムのファンができたり、興味を持っていることを書くことで繋がりができたりする。
場の空気も、少しは良くなっていると思いたいね。

なぜだろう?

独自FWを批判するつもりが、いつの間にかどうやって行けばいいか論になってしまった。
でも、言いたいことが書けたのでこのままにしておこう。。。